【一人暮らし男子必見】節約におすすめの食材10選

くまの料理
モルくん
モルくん

頑張って自炊してるんだけど、思ったより節約できなくてうまくいかないよ…

一人暮らし男子におすすめの節約食材はないかな?

くま
くま

それでは、節約してもお腹いっぱい食べたい、食べざかりの一人暮らし男子におすすめの、「安い・うまい・お腹いっぱいになる」三拍子揃った節約食材を10個ご紹介します!

どーも、くまです(・(ェ)・)ノ。

前回、「忙しくても一人暮らしの社会人が自炊するべき4つのメリット」ということで、「忙しくても自炊をしたほうがいいよ!」ということを書かせていただきました。

でも、なかなか自炊って、思ったようにうまくいかないんですよね…

そんな理由で最も多いのが、「思ったよりコストがかかる」ということだと思います。

特に一人暮らしの若い男性の場合は、たくさん食べないと満足できないこともあって、自炊をしても食料品のコストが高くついてしまって、なかなか節約につながらないことが多いです。

というわけで、1ヶ月の食費を2万円目標で節約している自炊男子くまが、安くて、美味しくて、簡単に調理できて、しかもたくさん食べられる、一人暮らし男子におすすめの節約食材をご紹介したいと思います!

一人暮らし男子におすすめ!安くてお腹いっぱいになる節約食材10選

今回ご紹介する食材ですが、何か一つのジャンルに偏ることのないように、野菜・肉・主食・その他で数種類ずつ、10品目を選びました。

くまはお肉大好きの食いしん坊なのと、なかなか魚類が安く手に入ることが少ない (漁獲高にもよる) ので、魚介類が少なくなっていることはご容赦いただきたいと思います。

もやし

出典:http://www.sozai-page.com/02_sozai/a/a03/a03_106/a03_106.html

節約食材の代表格・王者といえるのが、もやしです。

なんといっても、10円〜40円程度で手に入るという圧倒的値段はたいへん魅力的。

炒め物に入れても、味噌汁やラーメンの具にしてもいいという、料理のジャンルを選ばないオールマイティさも兼ね備えています。

唯一と言ってもいい欠点は、「足が早い (悪くなりやすい) 」こと。

冷蔵庫に入れておいても早くて3日ほどで、もう酸っぱい匂いがしてしまいます。

そこでくまは、大量に買いだめしておいたもやしを、袋ごと冷凍庫で冷凍してしまうという力技でこの欠点を補っています。

凍ったまま加熱すれば、解凍と調理が同時にできて一石二鳥ですよ。

玉ねぎ

出典:https://www.pakutaso.com/20161105328post-9597.html

玉ねぎも、炒めてよし、煮込んでよし、生でサラダにしてよしの強力な節約食材です。

安いスーパーに行けば、100円弱で手に入ることもあります。

もやしと違って、ある程度日持ちがするのもグッドポイントですね。

肉と一緒に炒めるだけで、立派な炒め物になりますし、ツナ缶と合わせてオリーブオイルで合えると、簡単なオニオンサラダになりますよ。

キャベツ

出典:https://www.pakutaso.com/20161106328post-9599.html

キャベツもまた、使いみちがいろいろある便利な節約食材です。

千切りにしてサラダ、ざく切りにしてスープに入れたり、炒めものに入れたり、スープに入れたりもできます。

また、加熱するとかさが減るので、4分の1玉ほど使えば、食べざかり男子でもお腹いっぱいになる量が作れるのもメリットです。

そんなにすぐに悪くなるものでもないので、カットして保存することが面倒でなければ、安いときに1玉まるごと買ってしまうのをお勧めしますが、2分の1カットが100円前後で売られていることも多いので、それを買ってしまうのもアリだと思います。

きのこ類

Green Planetさんによる写真ACからの写真 

きのこ類は、炒めものや汁物のかさ増しに大活躍します。

炒めものやスープに、1〜2種類のきのこを追加すれば、くまのような食いしん坊でも大満足の料理に仕上がります。

また、きのこにはいろんな種類があり、その時の価格や好みに応じてすきなものをチョイスすることもできます。

比較的しめじ、舞茸、えのき、エリンギあたりが、100円前後で手に入ることが多いため、使いやすくて重宝しています。

また、くまのお勧めのきのこ調理法は、きのこのアヒージョ

好きなきのこをたっぷりのオリーブオイルとにんにくで炒めると、ほんとにたまらなく美味しいアヒージョになりますよ(・(ェ)・)ノ。

豆苗

m⑅さんによる写真ACからの写真

豆苗の最大の強みは、なんと食べたあと簡単に栽培できて、繰り返し収穫して使えるというそのコストパフォーマンス。

豆苗を使うときは、根本の豆の部分の上、「脇芽」と呼ばれる部分からカットして、葉っぱと茎を料理に使います。

そして残った根元部分は、水を張った容器の上に乗せて、日当たりのいい場所においておいてあげてください。

1週間から10日くらいで、十分食べられるくらいの大きさまでまた成長するはずです。

衛生のため、容器の水は毎日交換してあげてください。

くま
くま

豆苗の再生栽培の詳しい方法は、以下のサイトがわかりやすくてお勧めです!
http://www.murakamifarm.com/myouken/grow/technique/#where

くまは2回使ったら捨てていますが、節約の猛者たちは2回も3回も繰り返し再生栽培して収穫している人もいるようですよ。

豚小間肉

MrMoonさんによる写真ACからの写真 

続いて、みんな大好きお肉の部。

節約をしようと思ったら、なかなか牛肉は買えません。

その代わり、豚肉を買いましょう。それも、パックで売っている小間切れのお肉です。

安いスーパーに行けば、100円を切る値段で売っているので、くまはそれを買っています。

通常でも、120円弱では売っているでしょう。それより高かったら、買うことはお勧めしません (国産のお肉だとそれ以上することもありますが、安い外国産のお肉で十分です) 。

炒めて炒めもの、茹でてしゃぶしゃぶ、味噌汁にいれて豚汁。

使いみちはほぼ無限大ですね。

もちろん生鮮食品、痛みやすいので、安いときにまとめ買いした場合は、1回に使う量ずつラップでつつんで冷凍してしまいましょう!

使うときに解凍すれば、いつでも新鮮で美味しいお肉が食べられます。

鶏むね肉

tnaaさんによる写真ACからの写真 

「豚肉だけではちょっと…」と言う人には、鶏むね肉がおすすめ。

このお肉は、なんと通常100gあたり100円を切ります

OKストアなどの激安店に行くと、100gあたり38円とかいう驚愕の値段がついていることも。

そして、低カロリー、低脂肪、高タンパクのお肉なので、たくさん食べても大丈夫なのも、くま系食いしん坊男子にはありがたい点です。

細かく切って炒め物の具にすると、豚肉の炒めものとはまた違った、あっさりした味の炒めものになりますし、レンジでチンして鶏ハムにしたりすると、常備菜としても使えます。

ぜひ、いろいろな使いみちをマスターして、鶏むね肉を活用してほしいと思います!

ツナ缶

HiCさんによる写真ACからの写真 

節約を考えると、なかなか使いづらいのが魚介類。

一人前で売っていることが少ないですし、値段も100gあたりの単価で見ると、お肉にボロ負けしてしまうんですよね…。

というわけで、唯一魚介類の中から、ツナ缶を選ばせていただきました。

安いときにまとめ買いしたり、Amazonで大量買いすれば、くさるものでもないので、使いたいときに使えていいと思います。

使いみちはいろいろ。サラダの具に、パスタの具に、えのきとあわせてツナなめたけなんというのも美味しいですよ。

ちなみに、Amazonで1缶あたり100円以下のものを見つけたので、使ってみるといいかもしれません。

スパゲッティ

かずなり777さんによる写真ACからの写真

最後に、主食編。

もちろんお米も十分おすすめなのですが、「激安」という意味でお勧めしたいのが、このスパゲッティです。

500g入の乾麺が、場所によっては100円以下で売っていたりします。

どんなに食いしん坊でも、2回には分けて食べるでしょうから、50円〜80円くらいで1食食べられてしまう計算になります。

好きな具やソースをかけて食べれば、それだけでお腹いっぱい大満足になれますね。

袋麺

出典:https://www.pakutaso.com/20140837241post-4503.html

最後におすすめするのが、袋麺

5袋パックでだいたい300円で売っています。1食60円の計算ですね。

もちろんこれだけではお腹いっぱいになりません。

くまのおすすめは、具に肉野菜炒め (豚小間肉ともやし程度でOK。キャベツ入れると更にボリュームあり) を乗せて、タンメンにしてしまうことです。

塩味、醤油味、味噌味、どれでやっても大変美味しく、お腹いっぱいになれますよ。

まとめ:安い食材をたくさんまとめ買いして、おいしい節約料理をたくさんつくって食べよう

いかがでしたでしょうか。

今回くまが選んだ食材は、どれもお腹いっぱい食べられて、使いみちがたくさんあり、しかも手に入りやすいものばかりです。

ぜひ、食費が思ったより安くならなくて困っている人は、上に挙げたような食材を、安いときにたくさんまとめ買いしましょう。

そして、冷凍できるものは冷凍し、使うときに解凍することで調理時間を短くすることができれば、自炊も負担なく続けられると思います。

美味しい節約料理を作って、お腹いっぱい食べてくださいね!

くま
くま

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

モルくん
モルくん

ばいばーい!

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました