MAC配列対応の高コスパキーボード、「HHKB Lite 2 for Mac」の購入レビュー。

レビュー

どーも、くまです。(・(ェ)・)ノ。

MACユーザーの皆様、キーボードは何を使われていますか?

Apple純正のキーボードもそうなのですが、最近のパンタグラフ式 (キーストロークが浅いタイプ) のキーボードって、なんか打鍵感が全く無くて、ペチペチと音がしてしまって、なんとも打ちにくい…。

そんな悩みを抱えているあなたに!

今回くまが購入した、知る人ぞしる超高級キーボード「Happy Hacking Keyboard」の廉価版、「HHKB Lite2 for Mac」の購入レビューをお届けします!

実際使ってみて、今までなかなかなかった、MACのキーボード配列に準拠して、打ち心地がよく、それでいてリーズナブルな価格を実現する、高コスパのお勧めキーボードだと思うので、ぜひレビューをチェックしてみてください!

「HHKB Lite2 for Mac」とは?

まず最初に、簡単に今回購入したキーボード「HHKB Lite2 for Mac」の説明をしたいと思います。

「HHKB Lite2 for Mac」は、PFU社が開発した、プロフェッショナル向けのキーボード「Happy Hacking Keyboard (HHKB) 」の廉価版 「Lite2」のうち、Macのキーボード配列に対応した製品です。

HHKBは、「使う人が、PCを買い替えたとしても継続して使えるような、一生モノのキーボード」をコンセプトに開発された製品で、以下のような特徴があります。

  • キーの種類を厳選することで、コンパクトサイズにも関わらず一般サイズのキーボードと同等のキーピッチを実現
  • 深いキーストロークとしっかりした打鍵感、打ち心地の良さを追求
  • 高級モデルの「Professional」シリーズでは、東プレ社製の「Realforce」で有名な静電容量無接点方式のキーを採用

実際に使ってみて感じた、「HHKB Lite2 for Mac」の良い点。

それでは、実際にくまが使ってみて感じてみた、「HHKB Lite2 for MAC」の良い点を紹介していきたいと思います。

良い点①:打ち心地が超絶に良い。キーストロークが深くて打ちやすい。

やはり第一に挙げられるのが、HHKBの売りである、「打ち心地の良さ」です。

確かにLite2は廉価版であり、正規版のような静電容量無接点方式を使っていません。

よく手頃な価格のキーボードで採用されている、メンブレン方式のキーボードです。

それなのに、しっかりと打鍵感のある、硬めの打ち心地と、押したときの感触は、「さすがHHKBだな」と頷かざるを得ません。

キーストロークは深め押下重量も割とあるので、しっかりと「キーボードを打っている」という感覚があり、底打ちしても指をソフトに受け止めてくれるので、長時間打っていても疲れません。

この打ち心地の良さだけで、購入してよかったと思えるほどです。

良いところ②:MACのキーボード配列に完全準拠。

Macユーザーの頭痛の種、Windowsとの互換性

キーボード配列でもそれは顕著で、Commandキーを始めとするWindowsにはないキーがあるなど、独特の配列をしています。

ご多分に漏れず、市販されているキーボードの大半がWindows仕様。

MACのキーボード配列に対応したキーボードは数が非常に少なく、Apple純正のものしかないのではないか、と思えるほどでした。

そんな中、「HHKB Lite2 for Mac」は、Macのキーボード配列に完全対応してくれています!

USBコードを接続しただけの、現在のOSに対応したドライブがインストールされていない状態では、FnキーやCommandキーなどが反応しない不具合がありましたが、最新のドライバをインストールしたところ、MacBookに搭載されているキーボードと全く変わりなく、すべての操作ができています。

良いところ③:5000円以下で手に入る、コストパフォーマンスの良さ。

最後に挙げるのが、比較的手に入れやすい価格であることです。

もちろん、探せば他にいくらでも、もっと安く手に入るキーボードはたくさんあります。

ただ、それらの殆どが、Macのキーボード配列に対応していません。

また、「HHKB Lite2 for Mac」と同等かそれ以上の品質のMac対応キーボードを探そうと思うと、1万円以上出さないと手に入らないものばかりです。

例えば、HHKBのProfessional 版と同じ、静電容量無接点方式を採用した、最高級キーボードと言われている「Realforce」は、最近 Mac のキーボード配列に対応した 「Reakforce for Mac」 という製品を発売しましたが、 Realfoce シリーズのご多分に漏れず、価格が2万円以上します。

確かに Realforce の打ち心地、品質は最高峰の名にふさわしいものですが、なかなかキーボードに2万円〜3万円を払うのは難しい。

そんな中、「HHKB Lite2 for Mac」は、5000円以内という価格の制限の中で、これだけしっかりした打ち心地や品質を実現しています。

この価格でこのキーボードが手に入るということは、たいへん大きなメリットだなと感じました。

良い点③:MacBook Pro 13inch とほぼ同サイズの、省スペース性。

キーボードがコンパクトであることも、特に現在のくまのようにノートPCに接続して使用していると大変重宝する点です。

HHKBのコンセプトとして、キーのサイズを一般的なフルキーボードと同等の 19.05mm としながらも、PC端末が変わっても使い続けられるような高いコンパクト性を追求しています。

「HHKB Lite2 for Mac」については、横幅が現在くまが愛用している「MacBook Pro 13 inch」と同等のサイズで、キーボードの位置をずらしたりすることなく、真正面でタイピングをすることができます。

これはかなり大きくて、キーボードをずらして入力しようとすると、どうしても体の軸が画面の中央からずれてしまい、違和感や疲れを感じてしまいます。

「HHKB for Mac」はおそらくMacBook Pro に接続して使用することを想定して作られたのか、全く同じ横幅なので、そういった違和感や疲れを感じることなく、正しい姿勢でタイピングをすることができます。

正直、大きさについては購入時にそこまで気にしていなかったので、実際に使い始めてみてこれはかなり嬉しいポイントでした。

「HHKB for Mac」の悪い点。

次に、実際にくまが使ってみて感じた、「HHKB for Mac」の良くなかった点を、いくつか挙げていきたいと思います。

悪い点①:キーの押下重量が若干重すぎるかもしれない。

1つめは、人によって好みは違うのかもしれませんが、「キーの押下重量が若干重すぎる」ということです。

「HHKB for Mac」は、Apple純正のパンタグラフキーボードにはない、しっかりした打鍵感と快適な打ち心地を実現しています。

それを実現するために、キーの押下重量 (キーを叩いて反応させるために必要なキーを押す指の力) が、比較的重めに設定されています。

くまはキーボードを強めに叩く習性があるので、あまり「押しにくい」とか「重すぎる」という実感はないのですが、従来のパンタグラフのキーボードや、軽めのキーボードを使い慣れている人に取っては、「重すぎて打ち続けていると疲れてくる」と言う人も出てくるかもしれません。

くま
くま

イメージとしては、黒軸のキーボードほどは打つのに力はいらないが、茶軸や赤軸よりは強い力で叩かないといけないです!

ただ、キーボードの作りとしてそこまで重さを感じさせないようになっているので、慣れてしまえば長時間でも快適にタイピングできると思います。

悪い点②:「Commandキー」「Optionキー」が小さい。

個人的にくまが一番不満なのがこの点。

「Commandキー」「Optionキー」などの、いわゆる「修飾キー」が大変小さく、非常に打ちにくいんです。

原因はおそらくキーの配列。

なぜか、「Fn」「Option」「Command」のキーが、左右両方に搭載されているんです。

HHKBのコンセプトとして、「コンパクトなサイズの中でも、打ちやすいフルキーボードと同じキーピッチを採用する」というものがあります。

その代償として、機能キーや修飾キーがなく、特殊な打ち方を必要とするのはまだ理解できるのですが、もしそのコンセプトを貫くのであれば、右側の Command キーや Option キーは不要だったのでは…という思いが強くあります。

結論:「HHKB Lite2 for Mac」は、こんな人におすすめ!

以上、実際にくまが使用してみて感じた、「HHKB Lite2 for Mac」の良い点と悪い点をを挙げてみました。

若干の不満点はあるものの、数少ない Mac のキーボード配列に準拠した外付けキーボードである点や、比較的求めやすい価格の割に打ち心地が良いことなどを考えると、かなりお勧めできるキーボードだと思います。

特に、

  • MAC 純正のパンタグラフキーボードの打ち心地が好きになれない人
  • 深めのキーストロークの、打鍵感のあるキーボードが好きな人
  • キーを比較的強めに叩く傾向のある人
  • 高コスパで打ち心地の良い MAC 対応のキーボードを探している人

には強くお勧めできます。

興味のある方は、ぜひ一度試してみてほしいと思います!

くま
くま

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

モルくん
モルくん

ばいばーい!

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました