落語ファン歴1年が選ぶ、落語初心者におすすめの噺家5人【新作落語編】

好きなもの
モルくん
モルくん

古典落語の噺家さん!すごく面白かった!

じゃあ、新作落語の方も聴いてみたいな…

落語初心者にもおすすめの新作落語の噺家さんを紹介してください!

落語ファン歴1年のくまです(・(ェ)・)ノ。

前回は、落語初心者におすすめの噺家【古典落語編】ということで、古典落語をレパートリーとする噺家さんのうち、初心者の方でも聴きやすくて面白い噺家さんを5人紹介しました。

今回は、【新作落語編】ということで、新作落語を得意とされる噺家さんで、初心者の方でも面白い!と思えるだろうおすすめの噺家さんを5人紹介したいと思います!

くま
くま

噺のストーリーや大枠が決まっている古典落語と違い、新作落語は完全に噺家さんが自分で作られた噺なので、古典落語以上に好みは分かれます。

向き不向きはほんとに人によって違うので、いろんな噺家さんの噺を聴いてみて、自分の好みを見つけてほしいです!

落語初心者にもおすすめの噺家5人【新作落語編】

それでは早速、はじめて落語を聴く!という人でも楽しめる、おすすめの新作落語家さんを紹介していきましょう。

柳家小ゑん

まず最初にご紹介するのが、柳家小ゑん師匠。

落語界ではじめて人間国宝に認定された、柳家小さん師匠の直弟子で、かれこれ40年以上一線で活躍されている、大ベテランの噺家さんです。

柳家小ゑん師匠の新作の特徴は、なんと行っても「オタク・マニア感」。

鉄道マニアが大暴走する「鉄の男」、江戸時代マニアが大活躍する「下町せんべい」など、いわゆるオタク、マニアが主人公のお噺が大変多いです。

ご本人も電気、天文、鉄道など幅広い分野に興味関心を持っておられて、その知見も噺に生かされている印象です。

やはりベテランの技なのか、寄席でもお客さんを笑いの渦に引き込む力が、やはり他の噺家さんとは別格で強いような印象があります。

Popular Videos – 柳家小ゑん

三遊亭円丈

三遊亭円丈師匠は、御年74歳。くまのお母さんが生まれたときから落語家として活躍している大ベテランの噺家さんです。

古典落語の大名人、三遊亭圓生師匠の弟子でありながら、新作落語に精力的に打ち込み、従来は古典落語ばかりが重視されていた当時の落語界に新風を巻き起こした、新作落語の元祖ともいえる存在です。

そんな彼は、代表作「グリコ少年」で現在新作の名人といわれ大活躍している三遊亭白鳥師匠柳家喬太郎師匠の若き日に衝撃を与え、新作落語をやっていくことを決意させたといわれています。

現在ではお年もあって、あまり頻繁に寄席で高座を拝見することはできませんし、くまが一度聴いた高座では、最盛期を過ぎた印象を受けてしまった (失礼) のですが、ぜひ一度お元気なうちに、生で聴いてみてほしい、そんな貴重な噺家さんだと思います。

三遊亭圓丈 「グリコ少年」
三遊亭円丈・江戸っ子カーナビ

春風亭百栄

ここから中堅どころ、現在バリバリに活躍をされている噺家さんの紹介になります。

春風亭百栄師匠の特徴は、ほんわか、ほがらかな雰囲気、語り口と、それからは想像もできない奇抜なストーリー仕立て

例えば、師匠は猫が好きで、たくさんの猫を飼っておられるらしいのですが、そんなペット好きから高じて誕生した、「落語家の夢」という作品は、「もし落語家をペットとして飼える世界があったら!?」という、とても常識では考えられない世界観を舞台にした作品です。

少々難解なところはあるかもしれませんが、独特の百栄ワールドを熱狂的に愛するファンも、多数存在します。

ぜひ一度、師匠の独特の世界観の噺に接してみてはいかがでしょうか。

春風亭百栄・バイオレンス スコ
春風亭百栄・コンビニ強盗

三遊亭白鳥

でました、三遊亭白鳥師匠。

上にあげた三遊亭円丈師匠の直弟子で、直系の後継者。

圓丈師匠を更にパワーアップした、「これぞ新作落語」という色んな意味でハチャメチャな落語を展開します。

そのあまりの奇抜さ、荒唐無稽さに、一度池袋演芸場以外の都内の定席から追放された前科?があるほど (本人談) 。

彼の落語は、正直なところ古典落語の名手のような技巧はあまりありません。

完全にストーリー、その奇抜な発想と物語展開を楽しむ噺となっています。

彼の高座を聴いてみれば、「え!落語ってこんな世界もあるの!」と驚くこと間違いないです。

三遊亭白鳥3題話9日目「殿様と海」
落語 三遊亭白鳥 戦え!おばさん部隊 自衛隊がおばさんたちを募集して国土防衛を・・

柳家喬太郎

そして、くまが一番おすすめなのが、やはりなんといっても柳家喬太郎師匠

古典落語でも紹介しましたが、実は喬太郎師匠の醍醐味は新作にあると思っています。

彼の作る噺は、ただバカスカ笑えるような、荒唐無稽なストーリーだけではありません。

もちろんそのような噺もありますが、くまが喬太郎師匠ならではと考えているのは、「爆笑場面からの急展開」。

バカスカ笑えていた噺が、突然シリアスな噺、感動させる噺に急展開するんです。

これは、ぜひ生の高座で体験してみてほしい。

ほんとに客席が、30秒前まで大爆笑だったのに、一気に静まり返って、師匠の噺に引き込まれていきます。

代表としては、「ハワイの雪」「孫、帰る」あたりですかね。

人情噺の名手である、彼の師匠・柳家さん喬師匠譲りの、新作落語での人情噺が楽しめます。ほんとに泣かされますよ。

柳家喬太郎・ハワイの雪
「孫帰る」柳家喬太郎

こんなどきりとするような、ブラックなネタも。

柳家喬太郎 『国民ヤミ年金』

まとめ

いかがでしたでしょうか。

みなさんは、古典がお好きですか?新作がお好きですか?

今回紹介した噺家さん以外にも、寄席にはたくさんの噺家さんが出演されています。

ぜひ一度足を運んで、お気に入りの噺家さんを見つけてみてください!

くま
くま

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

モルくん
モルくん

ばいばーい!

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました